コエンザイムQ10(CoQ10)の働き

◆ 補酵素の働き

《体のエネルギー生産を助ける》

体内のATP(アデノシン3リン酸)というエネルギーの元となる物質を多く生み出します。

体の細胞の中には、ミトコンドリアという部分があり、 食べ物から摂取した栄養素を燃焼して生きるためのエネルギーを作り出しています。コエンザイムQ10(CoQ10)はミトコンドリアの中にも存在し、エネルギーを作り出す働きを助けています。ミトコンドリア内にあるCoQ10の量が不足すると、生命活動のためのエネルギーを作り出す力が不足してしまいます。

《抗酸化作用》

活性酸素の一部(悪玉活性酸素)は、細胞に損傷を与え、病気を引き起こしたり、老化の一因となったりします。CoQ10は、活性酸素による脂過酸化物の生成を抑制して、悪玉活性酸素の働きを抑える効果があることがわかっています。また、同じく抗酸化物質として知られるビタミンEを還元させ、再び抗酸化物質に戻す働きも持っており、二重に抗酸化作用があります。