コエンザイムQ10(CoQ10)のQ&A

◆ よくある質問と回答

《Q1.コエンザイムQ10(CoQ10)の一日の摂取量は?》

個人差やサプリメントの吸収性によって変わりますが、1日に30~100mgとされています。

《Q2.他の成分との併用は?》

特に悪影響のある成分というのはありませんが、サプリメントに含まれる他の成分も含めて、医師または薬剤師に相談した方がよいでしょう。スタチン系の薬品との併用では、コエンザイムQ10(CoQ10)の生産が抑制されてしまうため、注意が必要です。
また、αリポ酸、ビタミンE、ビタミンCなどの抗酸化物質と併用すると効果が増すため、一緒に摂ることをお奨めします。

《Q3.食べ物から摂取できませんか?》

自然の食べ物にもコエンザイムQ10(CoQ10)は含まれています。イワシ、サバ、動物のレバー、ブロッコリー、ほうれん草、大豆などに含まれており、摂取することができます。ただ、食べ物に含まれるCoQ10の量は、ごく僅かであり、食べ物からだけで1日に必要な量を摂取することは困難です。

《Q4.子供が服用しても大丈夫ですか?》

元々体内に存在する物質であるため、子供に対しても安全ですが、まだ、安全性について検証されていません。医師、薬剤師に相談の上、服用させてください。

《Q5.服用をやめたとき、どうなりますか?》

服用を中止すると、1週間前後でコエンザイムQ10(CoQ10)の血中濃度が元に戻ってしまいます。服用前と同じ状態に戻ったことになります。

《Q6.副作用はありませんか?》

コエンザイムQ10(CoQ10)は元々体内にある成分でもあり、副作用が発生することはありません。ただし、サプリメントに含まれる他の成分の影響もありますので、心配でしたら、医師、薬剤師にご相談された方がよいでしょう。

《Q7.コエンザイムQ10(CoQ10)のサプリメントにはどのような種類がありますか?》

主にソフトカプセル、ハードカプセル、錠剤、ドリンクの4種類があります。

《Q8.効果を高めるには?》

効果を高めるためには、体内への吸収がされやすい状態にすることが必要です。コエンザイムQ10(CoQ10)は脂溶性のため、油分のある食べ物と一緒に摂取することで吸収されやすくなります。
抗酸化物質のサプリメントと併用することで、抗酸化作用を高めることもできます。

《Q9.どれくらいで効果が出てきますか?》

服用後、1~2週間で効果が出てきます。個人差はありますが、風邪をひきにくくなった、疲れにくくなった、血行がよくなったなど、いろいろな効果が現れてきます。

《Q10.保存方法は?》

直射日光に当たらない、涼しい場所に保存してください。

《Q11.コエンザイムQ10(CoQ10)の製造メーカーは?》

2007年現在で、CoQ10の原料製造を行っているのは下記の日本企業5社だけ。世界の中でわが国が、シェア100%を誇っています。

【原料製造メーカー】